ごあいさつ

ご  挨  拶

 2012年度の活動は、多くの皆様方や協賛して下さった企業様、個人・団体様のおかげをもちまして、充実した活動を行うことが出来ました。紙面をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。

 さて、ストリートチルドレン芸術祭は、今年で9年目に入りました。このように長きにわたり活動を継続できたことは、ご支援下さる皆様方のおかげと、メンバー一同感謝しております。発足当初は、中学生が活動の中心を為し、それを支援する社会人や学生がおりました。現在では、東北福祉大学国際ボランティアサークルの学生が、活動主体となりました。また、中学時代この活動を体験してきた生徒たちが大学生となり、彼らと協働して活動しています。この若者たちの力が継続力となり8年間を過ごしてきたのだと思います。
 今までは、ストリートチルドレンの自立支援を中心に活動してきましたが、東日本大震災後、活動方針に震災復興支援を加えました。また、以前からメンバーがかかわっていたチベット難民の子ども支援に協力してきました。今後は、ストリートチルドレン支援だけに特化せず、難民の子ども支援や被災者支援など、今までの経験を大切に、少し幅を広げた活動をしていきたいと思います。

 これまでに、16の国と地域、25カ所へ、1,365万円の寄付を届けてきました。彼らに経済的、教育的支援を差し伸べる事は大切ですが、新たなストリートチルドレンを出さない、そんな社会を実現することが求められているのではないでしょうか。

敬 具

2013年4月吉日
ストリートチルドレン芸術祭代表 中島洋一郎

Copyright(c) 2013 The International Art Festival of Children Living on the Streets All Rights Reserved.